自分に合った病院の選び方とは|抗うつ剤を利用して病気を改善しよう

早期治療の大切さ

悩む女性

最近元気な無いねとよく言われるなど、自分でも何かおかしいと感じたら、それはうつ病のサインかもしれません。精神科などの病院では抗うつ剤の処方や精神療法などトータル的なケアをしてくれるので是非しっかり通って早期解決を目指しましょう。

More Detail

自己判断はやめましょう

カウンセリングのイラスト

うつ病はストレスからくる疾患ですが、原因は脳内ホルモンであるセロトニンの分泌不足によるものです。治療には抗うつ剤による薬物療法を行うのが基本であり、数ある中から医師が選んだ薬を服用していくことになります。

More Detail

自分に合った病院選びとは

SOS

医師と相性がいいかどうか

「抗うつ剤」はうつ病に効果がある薬とされ、現在たくさんの種類が発売されています。医師の処方箋を必要とする処方薬であり、薬剤ごとの特徴や副作用、価格の違いなどに目を向ける必要があるでしょう。そしてその分類は第1世代「三環系抗うつ剤」、第2世代「四環系抗うつ剤」、第3世代「SSRI」など多岐にわたります。精神疾患は数値化することが出来ず、目に見える根拠となるものを提示しにくいため、精神科を受診する方の中には医師から「抗うつ剤」の服薬をすすめられた際、疑問や不安を感じてしまう人も少なくありません。その結果セカンド・オピニオンを受診する方もいます。血圧値や血糖値が高いなど、数字で明確に示すことが出来ないところが、精神疾患の難しいところです。数値による異常やレントゲン写真など、画像で見られる異常のように可視化出来るものがない中で、主治医の判断に不安を覚えることがあってもおかしくはありません。説得力が弱いと感じることもあるかもしれません。しかし、だからこそ精神科医は精神医学的な所見に基づく診断から、慎重に治療方針を決めています。セカンド・オピニオンの利用も悪いことではありませんが、転院を考える、セカンド・オピニオンの受診に向かう前に、不安があれば主治医にしっかりと疑問をぶつけてるのがいいでしょう。自身の服用する薬について知っておきたいと考えるのは当たり前のことです。今、受けている治療がどんなものであるかの説明を、医師に尋ねる権利が患者にはあります。まずは主治医の見解を聞き、疑問が解消された上での転院、セカンド・オピニオンの受診を考えた方がいいでしょう。それでは、自分がうつ病かもしれないと考えた時、どのように病院を選べばいいのでしょうか。うつ病の判断は難しいものです。どのような診察が行われ、どんな治療があるのか、自分も身の回りの人も精神科にかかったことがなく、知識のない人は見当もつかないかもしれません。精神疾患の治療において医師と患者の信頼関係は非常に重要なものと考えられます。したがって口コミなどで評判の良い医師やクリニックを求めて探すのも1つの手段ではありますが、それ以上に自分自身と医師との相性が大切になってきます。1度の通院で決めてしまおうとせず、複数回通ってみることをおすすめします。現在うつ病の原因として最も有力視されているのが脳内の神経伝達物質の現象です。「抗うつ剤」はその脳の神経伝達物質の現象を食い止め、補うために服用することになります。以前は大量の同じような効果を持つ薬を処方されることも多く、そのせいで精神科の治療を受けると「薬漬け」にされるなどいったマイナスイメージがついた時期もありました。しかし、今では単剤処方といって可能な限り少ない量と種類の薬で治療する方針となってきています。薬を大量に処方すると、保険点数が削減される処置を取られるといったように、国から医療機関側がチェックを受けることもあります。また、「抗うつ剤」の量だけでなく人によって薬の合う・合わないもあります。患者の状態を見て臨機応変に対応してくれる医師が信頼出来る医師であるといえます。

目的に応じて処方されます

医師

うつ病とは様々な要因で発症する精神疾患のことを言い、脳内における神経伝達物質のバランスが崩れることが本質と言われています。抗うつ剤を用いた治療が行われることがあり、神経伝達物質のバランスを正す作用によって症状を改善するようになっています。

More Detail

TOP