自分に合った病院の選び方とは|抗うつ剤を利用して病気を改善しよう

自己判断はやめましょう

カウンセリングのイラスト

自己判断はやめましょう

うつ病は仕事などストレスが原因となって発症するケースが多く、悲観的な思考に偏ることや、無気力になって仕事だけでなく今まで楽しかったことにさえもやる気が出ないといった症状が出てきます。眠れない、食べられないといった症状に加え、頭痛や倦怠感などに見舞われたり、自分がダメな人間だと思えていたたまれない気分になったりして、仕事はおろか、ごく普通の日常生活まで送ることが困難になってしまいます。「心の風邪」などという言い方をされることもありますが、しばらく休職するなどできる限りストレスから離れてゆっくりと休養を取ることと、病院を受診して適切な治療を受けることが大切であるといわれています。うつ病の治療は、心療内科もしくは精神科を受診して診断を受けたのちに、抗うつ剤による薬物療法を行っていくのが一般的であり、合わせてカウンセリングや精神療法などが行われていくことになります。病気を心の弱さのせいにすることや、気合が足りないなど自分の弱さのせいだと考えてしまう人もいますが、うつ病患者は脳内ホルモンの分泌に変化が生じてしまっているため、自分の力で改善する方向に気持ちを動かしていくことはとても難しくなっているのです。うつ病はセロトニンという脳内ホルモンの分泌が低下することによりますが、このセロトニンはリラックスしたり安らかな気分にさせたりする働きをするものです。セロトニンはノルアドレナリン、ドーパミンとならんで三大神経伝達物質といわれるもので、心に安らぎをもたらすと同時に、興奮や意欲、怒りなどといった作用のあるノルアドレナリンやドーパミンの分泌を調整する役割も果たしています。このセロトニンが不足することにより、ノルアドレナリンやドーパミンの分泌が暴走してしまい様々な精神症状を引き起こしてしまうため、抗うつ剤で分泌を促したり、再取り込みを調整したりしていくことになります。抗うつ剤にはいくつも種類があり、その作用機序や患者の症状や状態によって医師が判断して処方していくことになりますが、その効き目はすべての人に等しく出るというわけではありません。患者と薬との相性もありますし、薬によっては副作用が出る場合もあるため、効き目がでないとか、副作用がつらいなどという場合にはその旨を医師に相談をして、必要があればほかの薬に変えていくことも必要です。また、服薬が長期にわたる場合にはジェネリック医薬品に変えられる薬もあるため、医師や薬剤師に相談して、無理なく治療を続けていけるようにするとよいでしょう。また、多くの場合抗うつ剤の効き目は即効性がなく、効果を感じるまでには1週間ないし2週間程度必要であるため、あせることなく様子を見ていくことも大切です。うつ病の治療はあせらず気長に行うというのが基本中の基本ではありますが、せっかく良くなったはずの症状が再発してしまうケースも少なくないのが現状です。症状が良くなってきたからといって、抗うつ剤の服用を自己判断でやめてしまうことが再発の原因となることも考えられるため、たとえ自分では治ったと思えるまでになっても、医師からの指示がある以上は服薬を続ける必要があるのです。

TOP