自分に合った病院の選び方とは|抗うつ剤を利用して病気を改善しよう

目的に応じて処方されます

医師

適切な使用が重要です

うつ病とは、精神的な疲労の蓄積や辛い体験といったストレスが原因で起こる精神疾患のことを言い、何事にも無気力になってしまうなどの精神症状が現れるという特徴があります。症状が進行すると頭痛や倦怠感といった身体症状も出ることがあり、日常生活に支障をきたす場合もあります。そのため、うつ病のサインに気付いたら早めに治療をするのが望ましいと言われています。うつ病の本質は脳内における神経伝達物質のバランスが崩れることと言われているため、うつ病治療の際には抗うつ剤を使用して、神経伝達物質の量を調整する治療法が用いられることがあります。一般的に、抗うつ剤は専門家の指導の下に使用する必要がある薬となっているため、市販薬としては販売されておらず、病院で処方されなければ手に入れられなくなっています。抗うつ剤には多くの種類があり、症状の度合いや継続期間などに応じて病院で処方されるようになっています。適切な薬を処方してもらうためにも、診察の際には気になった症状などは正確に医師に伝えるようにし、質問等にもできるだけ詳しく答えるようにするのが良いでしょう。代表的な抗うつ剤の作用として、神経細胞の働きを抑えることによって伝達物質の量を増やす働きが挙げられます。うつ病患者の多くはモノアミンと呼ばれる神経伝達物質の量が減少しているため、モノアミン量を結果的に増やす作用のある薬が処方されるようになっています。抗うつ薬の効果が出るまでには数週間程度必要となっているので、長期間継続して服用し続ける必要があります。そのため、飲み忘れなどに注意し、適切な量を指示通りに使用しなくてはいけません。また、抗うつ剤は作用が強い分、食品や飲み物との相互作用に注意しなくてはいけないという特徴があります。薬剤師の説明や添付されてある説明書をよく確認し、正しく使用していくことが重要と言えるでしょう。抗うつ剤治療の重要なポイントとして、症状が安定してきたからといって自分で服用を中止しないことが挙げられます。自分ではうつ病が治ったと感じるようであっても、神経伝達物質のバランスが完全に治っていると言い切ることはできず、服用を中止することによってうつ病が再発してしまう恐れがあります。そのため、自己判断で薬の使用をやめてしまうのではなく、医師と相談しながら薬の量を減らしていくようにすることが重要であると言えるでしょう。うつ病の大きな特徴として、自分自身ではうつ病になっていると気付きにくいことが挙げられ、そのまま症状が進行してしまうことが多くなっています。そのため、強い不安やいつもと異なる体調不良をなど感じるようであれば早めに休息を取り、病院でうつ病と診断された場合は抗うつ剤などで正しく治療を行っていくことが重要であると言えるでしょう。また、うつ病は心の病と言われており、精神的に疲れ切ってしまっている状態であると言い換えることができます。この事から、薬を服用しているから心配ないといって仕事などをするのではなく、十分な休暇も取り入れるようにして治療に専念することが最も大切であると言えるでしょう。

TOP